Unionブランドの再編

戦略変更による組織改編についてのご報告

お客さま、お取引先各位

UNION Werkzeugmaschinen GmbH Chemnitzの現在の経営状況、および要となる戦略変更、組織変更について以下にご報告申し上げます。
世界規模で展開を進めるHerkulesGroupにおけるUnionブランド戦略的再編の結果、UNION Werkzeugmaschinen GmbHによるChemnitzにての製造は終了いたしました。定評いただいたUnionブランドの横型中繰り盤、ミーリング機の開発、製造は今後Waldrich Siegen Werkzeugmaschinen GmbHおよびMaschinenfabrik Herkules Meuselwitzが担当してまいります。

重量最大25トンのワーク加工および長移動距離を特徴とする大型中繰り盤の製造はWaldrich Siegen Werkzeugmaschinen GmbHが引継ぎました。一方で、基礎不要設計の小型横型中繰り盤TM 125に代表される、小型ながら最大積載能力10トンを誇る中繰り盤の製造はMaschinenfabrik Herkules Meuselwitzが担うこととなりました。なおUnionブランド製品は、お客さまの敏腕パートナー兼窓口である、販売会社Waldrich Siegen GmbH&Co. KGが販売いたします。

高精度横型中繰り盤および移動式コラム搭載ミーリング機の更なる新技術の開発はHerkulesGroupスペシャリストにより着々と進められており、技術革新の面で一歩先を進んでおります。また、機器予備部品の販売、機器に関するサービスも引き続き提供してまいりますのでお役立ていただければ幸いに存じます。当分野においては従来通りUNION Werkzeugmaschinen GmbH Chemnitzがお客さまの窓口となり、サービス会社として事業を継続いたします。

逐って横型中繰り盤、ミーリング機をご紹介させていただきたく、皆さまへ詳細をお伝えできます機会を心待ちにしております。

今後とも末永くご厚誼を賜りますよう、お願い申し上げます。

クリストフ・トーマ

Christoph Thoma