4度におよぶ受注、門型ミーリング機13台、及び一企業:WaldrichSiegen

ウェイチェイ、ProfiMill門型ミーリング機7台を追加発注

中国企業ウェイチェイ・ホールディングは、ディーゼルエンジンの連続生産を殊に専門とされています。尚商用車、建設機械、発電、豪華ヨットのエンジン生産への注力は、ウェイチェイ・グループ各子会社により担われています。一方WaldrichSiegenも競争の激化する市場にて、確固たる地位を維持 ― 過去数年4度にわたり、同グループよりのProfiMillシリーズ門型ミーリング機計13台の受注を獲得してまいりました。

ウェイチェイ・ヘビー・マシナリーよりの受注における最新案件は、要求の厳しいエンジンブロック加工分野で活躍すべく納入される、全機同設計の門型ミーリング機計7台となります。機器構成は、コラム間の幅2750 mm、320品の工具収納可の工具交換装置、最大10種駆使が可能な自社製ミーリングヘッド、及びミーリング切削出力76 kWとなっています。全機をWaldrichSiegenより購入いただいた背景は、機器間連動システム、インダストリー4.0ソリューション提供機能、高効率加工性能といった諸仕様を、購入決定の要として絶賛いただいた実績に裏付けられています。納入機は、機械及び工程監視に特化した広範センサー技術を搭載し、同社知的生産システムに統合されています。WaldrichSiegenは長期にわたるサービス、標準部品在庫維持のコスト削減にむけ、ドイツ、中国において高度な資格を持つチームを擁し、ウェイチェイ・グループ各社に最大限の生産性、及び長期機器加工精度を提供してまいります。

幅広く支持される機器概念を掲げる、革新的ミーリング機としてProfiMillシリーズは邁進を続けます。弊社は当目標を、門型ミーリング機シリーズ最高峰の性能及び長期精度を実現する動力、トルクの大幅拡大に開発焦点を当てつつ達成してまいります。シリーズ内でもProfiMillは、XLサイズのワークの精密加工に特化し開発されました。一方ProfiMill compactは小型、中型サイズのワーク加工を行う全ユーザーに理想的な門型ミーリング機として開発され、門幅2700 mmから4200 mmとなっています。

2017年11月: ウェイチェイ・パワー、パレット輸送システム搭載相互連携門型ミーリング機ProfiMill2台を発注。
2018年3月: ウェイチェイ・ヘビー・マシナリー、ProfiMill門型ミーリング機2台を発注。
2018年9月: ウェイチェイ・パワー、パレット輸送システム搭載相互連携ProfiMill門型ミーリング機2台を追加発注。
2020年6月: ウェイチェイ・ヘビー・マシナリー、ProfiMill門型ミーリング機7台を追加発注。
詳細にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール