ProfiMill 1 が生産性の高さを証明

採算性の高い投資:ProfiMill 1 で機械製造メーカーの生産効率向上

長引く鉄鋼不況の結果として、ロール製造関連産業の会社でさえ、製造コストの最適化を余 儀なくされています。WaldrichSiegenの兄弟会社、ドイツ、モイゼルヴィッツのHerkules 社社長のMaximilian Thomaは戦略的な投資のお陰で、この目的を達成しました。「我社は 可能な限り最も効率的な方法での製造を可能にするために、過去数年で、保有機械への投 資計画を慎重に行いました。その一つは、 WaldrichSiegenのProfiMill 1 でした。

門型ミーリングマシンの注文を出すと決定した時、効率性は主な要件の一つでした。他は、 高い加工品質です。これらは、Herkules Meuselwitzによるマーケットでの技術的リーダーシ ップのための基礎となります。「精密性に関して、新機械が最も高い基準に合致することが我 々にとって重要です。驚いたことは、保守しやすさと想像以上の耐久性の高さです。経済的な 観点から、もちろん、一括償却することになっていました。」Maximilian Thomaは 言います。 それらの優位性はすべてProfiMill 1 での統合を約束します。ProfiMill 1 はWaldrichSiegen ProfiMillシリーズの最小のサイズです。小型、中型のワークピースに対応しています。

最初の万能機械

Herkules Meuselwitzのための、このProfiMill 1 はこのサイズではWaldrichSiegenの製造 設備を出た最初の機械です。その後2年間、素晴らしい成果を残し、引き続き製造されてい ます。「このProfiMill 1 は、コラム間3.5mの門幅です。そして、主に、マシンベッド、グラインデ ィングサドル、受託製造等の加工のために使用されます。それは、マイクロ単位までの精密 な機械です。6メーターの長さで、我々は6μmの精度を達成します。」とMaximilian Thoma は誇らしげに言います。

施工段階でさえ、保証に照準が置かれます。ProfiMill 1 は、ただ絶対的な精密性で動く だけでなく、長期間品質を維持します。「ほかのメーカーの機械は、数年後には、クロスレ ールの案内レールは面は再キサゲを必要とします。これは、ProfiMillには必要ありませ ん。ProfiMillのクロスレールは、単純にサポートブリッジが再調整するだけです。」機械製 造部門の責任者Ralf Tscherscheが説明します。「同時に、クロスレールは、機械的に補償 されます。これは、ProfiMillの精密性を意味し、その後の耐用期間全体に渡る再生可能な 技術です。

Herkule Meuselwitzは、固定されたクロスレールのついた機械を選択したため、コラム は、コンクリート製の鋳造物です。WaldrichSiegenはこのようにコンクリートによるダンピ ング性能の優位性があります。これは、鋳鉄の二倍の強さです。Herkules Meuselwitzにと って、日々の製造における優位性は、コンクリートによる優れたダンピング性能と、機械全 体だけでなく最適化された門の剛性によります。

マシンのすべての構成要素は鋳鉄製です。鋳鉄を均質的に使用することにより、安定したダ ンピング性能、すべての要素の温度特性を保証します。「ProfiMill 1 の特徴は、このように製 造工程全体の完全な耐熱性です。」と、Maximilian Thomaは言います。「さらに、機械寿命 は他の機械と比べて長いことが証明されています。そこで、我々は鋳鉄の優れたダンピング 特性と静圧のメリットを享受します。」

Herkules Meuselwitzが投資計画の持続可能性を分析した時、金属接点のない、全ての軸 での静圧案内は、ProfiMill 1 の決定の重要な要件でした。「慎重な検討の結果、完全制圧の機械に投資することに決めました。一方で、精密性の観点で明確な優位性があり、さらに、 長期間のメンテナンスコストを抑えることができます。」

柔軟な機械コンセプト

Herkules Meuselwitzで加工されるワークピースの範囲は膨大で、保有設備の決定は最 も大きな挑戦の一つです。そのProfiMillは、高いレベルの柔軟性でこの挑戦に見合ってい ます。セットアップテーブルは余裕のある2.5m×6mのサイズで作られています。これは、 受託品を製造するときにも重要です。例えば、Herkules Meuselwitzの機械が、兄弟会社 RSGetriebe のために、XXLヘリコプターのテストベンチギアのハウジングを加工していた時 に役立ちました。

この機械は異なったワークピースのサイズをカバーするだけでなく、異なった加工品の形成 にも対応できます。両方向360°と180°の軸受けが可能なハイトルク、高スピードのユニバー サルミーリングヘッドは、幅広い加工範囲をカバーします。

製造施設での約2年間の使用の後、Maximilian Thomaは前向きな結論を出しました。 「ProfiMill に対する投資は、回収できました。安定性、精密性、ダウンタイムの減少、この 機械は我々のゴールに著しく貢献しています。つまり、効率性の向上です。」

その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール