1台のロール研削盤で2つのロール

フレキシブルマシンコンセプト: ProfiGrind 4500

WaldrichSiegenはSMS Siemag AGからProfiGrind 4500研削盤を 発注しました。購入目的は現在 PT. Gunung Raja Paksi (GRP)が建 設している、インドネシアのPT. Gunung Raja Paksi (GRP)向けの 新たな反転冷間圧延機用に使用 します。このマシンコンセプト の主な特徴の一つは柔軟性に富 んでいることです: 所内の汎用研 削盤は、新規設置の冷間圧延ミ ルのロール加工専用ではなく、 プレートミル用のロールも研削 する必要がありました。

ProfiGrind 4500は精密かつ信頼性 を備えています。全ての機構部 品は鋳鉄製でグループ企業内に て製造しています。頑丈な構造 体が高い剛性と優れた減衰特性をもたらします。静圧ガイドが 優れた位置決め精度と摺動面の 無摩耗を確立します。それゆえ に ProfiGrind 4500 はGunung Raja Paksiにて冷間圧延用のロールを 高精度に研削加工することがで きました。

研削盤の研削範囲仕様は最大重 量50トン、長さ7,500 mm、直径 1,550 mmです。この仕様は顧客 のプレートミルに必要な項目を すべて満足しています。その上 に、重切削加工用の旋削装置を 備えています。

このプロジェクトでWaldrichSiegen はSMS グループで製鉄機械 設備を製造するSMS Siemagと再 び提携しました。エンドユーザーの PT. Gunung Raja Paksiは東 南アジアの有力鉄鋼メーカーで 既に WaldrichSiegenのロール研 削盤を所有しています。 Gunung Raja Paksiが「ドイツ品質」を備 えた機械購入検討を行った結 果、その選択は著名な技術保有 企業であるWaldrichSiegenとなり ました。

その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール

アプリケーション

研削