厚板工場

高品質な最終製品のための基礎

圧延設備でのロール研磨の工程が正確であればあるほど、最終製品の品質は向上します。 市場が要求する、もっとも大きなロールの直径は6.000mmで、厚板の厚さは最大350mmです。

バックアップロールは、多くの場合、300tonの重量と10.000mmのロール長さに達します。これらの寸法は、加工機に高い要求が必要で特に大量の取り代が必要です。

WaldrichSiegenのProfiGrindシリーズの研削盤は、厚板工場で稼働率を最大にするために、研削砥石軸の優れた取り代性能が素晴らしい結果を保証します。素晴らしく精密な仕上がりの達成は優れた減衰挙動が保証します。

その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール