製紙産業

品質と多様性

速度2.000m/分、絶えず層厚が縮小し、より薄い紙質へ。つまり、紙産業は非常に高い要求を満たさなくてはなりません。これは、最高の品質と紙 のロール研磨機に関する多様性を必要とします。その機械は長いロール幅と高いロール径、同時に異なったコーティングを持つ、多様なロールタイプのマシンの ために設計されなくてはなりません。

最大17.500mmの長さを持つロールにも最適なソリューション

製紙業界の課題に対応するのために設計したWaldrichSiegenのProfiGrind-Pシリーズは、最大 17.500mmの長さのロールの加工用の最適な研磨機を提供します。この特別なソリューションの実現できる範囲は、ベアリングの潤滑部の加工から、 Ventanip ミーリングとベルト研磨、最終的な特別コーティングのためのスーパーフィニッシャーです。

それとは別にProfiGrind-Pシリーズは、ダイヤモンド砥石による加工だけでなく、スイミングロールのSロール駆動の使用を可能にします。この事実は、製紙業界のロール加工の完璧なソリューションです。

その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール