ProfiTurn M

一つの設定で複雑なフル加工

ProfiTurn Mのポイント

ProfiTurn Mターンミリング機械が特に複雑な回転対称のワーク加工用開発されました。ミーリング主軸のマースタヘッドインタフェースに旋盤と切削ヘッドも穴あけ及び研磨ヘッドも付けれます。結果が最高な効率です。 全ての加工ステップを同じ機械で行い手とコストを掛かる設定変更の作業が不必要です。

タービンローターまたはジェネレータのローターでも大型の鋳鍛鋼部品でもーProfiTurn M が経4,2m、長さ25m及びワーク重量20トンから250トンまで精密及び効率的な加工用設計してあります。使用しやすさ、メンテしやすさ及びエネルギー効率が高い事が本機械の得点となります。

ピッタリの機械用モジュラーコンセプト

確実な剛性及びモジュールコンセプトがWaldrichSiegenのProfiTurn Mの重要なメリットです。各機械を特に客先の要求に合わせます。ワークの経により機械のベッドが一台設計または2台設計となります。

ミーリングタワーの最高な強さがあるボックスインボックス設計のため大きいな切削力の場合にも最大級の剛性となっています。ラム及びベッドスライドの静圧案内面のため全面カバーされてる機械で精密加工できる摩耗しない状態となっています。客先の要求により移動できるスタンド中にパワーがある穴あけ及び切削軸またはミーリング用ラムを付けます。機械の全自動運転のためにWaldrichSiegenが有名な工具とヘッド交換装置も付けます。

機械の技術ポイント

ミーリングスタンドのボックスインボックス設計

切削力及び気温変化に対して全て横型加工用ソリューションからボックスインボックス設計が一番強いです。一体鋳物のスタンドがラムまたは切削軸を静圧式Y軸で案内します。剛性がある気温に強く摩耗しない設計で高い加工精度を保証できます。

マースタ・スレーブ駆動付き主軸台

鋳造された波形の主軸台設計のため最高の同心度及びパワーを保証します。面板も鋳物製でワーク重量250トンまでをクランプできます。最新の駆動方法例えばマスター・スレーブ駆動のため高いパワーで高精密な加工が可能です。

芯間でワーク加工が出来るテールストック

テールストックも波形の鋳物一体物となっています。主軸受け用大型のローラーベアリングのため最高の同心度があります。

静圧式案内面

ProfiTurn Mのラム及びベッドスライドが静圧式案内されています。メリット: フルパワーでも永遠なる寿命。スティックスリップ現象がないため高精密な位置決めがあります。オイルポケットで振動の対策になり機械の高精密な運転をサポートします。

オプション

様々な客先の要求に合わせる用にWaldrichSiegenがProfiTurn M用十分の付属品があります。

  • Rollenlünetten ローラー受台
  • C形受け台
  • 静圧受け台
  • 工具及びワークの測定器
  • 全て必要な加工技術(旋盤、切削、研磨、穴あけ)が出来るような主軸ユニット
  • ツールチェーンジャ
  • 冷却装置、セミドライ潤滑(MQL)
  • 内側加工液及び外側加工液
  • 多数のオプション

技術データ

  • ワーク径: 1 - 4,2 m
  • 芯間の最大長さ:25 m
  • ワークの最大重量:250 t
  • 主軸台の最大駆動出力:310 kW
  • 切削軸の最大出力 80 kW
  • 最大トルク7.000 Nm

それより大きい機械寸法を特集機械で作れます。

E-mail
その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

E-mail