ProfiGrind

最先端技術:WaldrichSiegenロール研削盤

優位点の概要

高精度、性能、信頼性 。これらは、世界中のお客様が賞賛しているWaldrichSiegen ProfiGrindマシンの長所です。市場の状況や要件の変化を考慮し、私たち は常に、さらに当社の製品を改良し、技術リーダーとなりました。現在1,600以上のロール研削盤と放電ダル加工機が、世界中のロールショップで稼働して おります。

精度と信頼性への一貫した焦点

WaldrichSiegen ProfiGrindのロール研削盤は、非常に頑丈な設計で有名です。すべての構造部材は、鋳鉄製で、マイクロメーターの範囲の誤差で自社製造していま す。そのゆえ長い機械寿命を保証し、最大の信頼性、安定性、優れたダンピング特性を確保します。

採用している圧案内面が、ほとんど磨耗のないオペレーション、ゼロバックラッシュ、卓越したダンピング特性と高い研磨性能、優れた熱変異特性及び最大の精度を発揮します。

モジュラーマシンのコンセプトによる柔軟性と汎用性

WaldrichSiegen ProfiGrindシリーズはモジュラー構造を採用することにより、すべての要件とすべての要求に最適なソリューションを提供しています。

顧客のニーズに合わせた技術

上下キャリッジ

WaldrichSiegen のX軸設計は、剛性と精度の面で市場の基準となっています。静圧U軸が付加された研削スピンドルは、完全な速度範囲の全体において、磨耗のない動作を提供 し、最高の精度を保証します。多種多様な直径で、特定のロールカーブを研削するために、WaldrichSiegenはB軸を開発しました。この特許取得 済みコンセプトは、研削砥石が常に曲線の接線に対して垂直方向に位置決めされることを保証します。この動作が、インフィードマークを除去します。 ProfiGrindマシンの鋳鉄のキャリッジは、最大の剛性を得るように設計されています。Z軸の摩耗のないマスター•スレーブドライブは、研削砥石の リバースポイントの傾斜を防止し、最高の精度を長期的に保証します。

主軸台

ProfiGrindマシンの主軸台の脚は最高の剛性を保つように設計されています。鋳鉄製で作られており、さらにリブ構造で強度を高めます。また、プレミアム品質のベアリングと構成部品が機械の高い精度を保証します。

芯押し台

芯押し台ハウジングは 、リブ構造の鋳鉄製で社内加工し、十分な大きさのローラー軸受と合わせて、優れた振れ精度を確保します。芯押し台クイルは、電動操作で正確に位置決めされ るので、厳密な圧力調整を可能にします。スプリングカップロック機能が、機械加工過程を通じて、荷重に対する安全性を確保します。オプションで WaldrichSiegenは静圧軸受芯押し台を納入できます。

受け台

また、受け台についても、WaldrichSiegenは特定の顧客要件に適合したカスタマイズ・ソリューションを提供しています:

  • 静圧受け台
  • 動圧受け台
  • 組み合わせ受け台(静圧と動圧)

機械ベッド

機械ベッドは、最大の曲げやねじり剛性、基礎への最適な負荷導入を備えています。また、下部キャリッジの正確で摩耗のない案内面のみならず、振れ止め、芯押し台と周辺機器の正確な位置決めが保証されています。

静圧案内と駆動方式

静圧案内面とマスター•スレーブドライブは、動剛性およびすべてのキャリッジ側のコンポーネントの優れたダンピング特性と同義語です。長手方向に採用しているのマスター•スレーブコンセプト駆動とクロススライドのボールスクリューが最高の位置決め精度を保証します。

制御装置と測定機器

すべての軸と主軸に適切なドライブを採用し、最先端の計測•制御技術をもって、我が社のグループ内で製造されます。それにより、究極の信頼性と精度だけでなく、最大限の自動化が保証されます。

オプション

ロール検査システム

かなり頻繁に、ロール表面の不具合が圧延機のオペレーションに深刻な障害を引き起こし、間接的な損害を伴うかなりのダ ウンタイムを生みます。ロールグラインダーの割れ検知装置を機械に統合することは、早期のクラック検査を可能としこのような停止時間を防ぎます。また超音 波と連動した渦電流システムは、構造変化を見つけます。HCC/KPM HMIシステムを通じてロール表面の欠陥は図表に表示されます。

自動ローディングシステムとアンローディングシステム

ロールを取り扱う場合に、自動化されたロールショップは、かなりの時間を短縮できます。WaldrichSiegen の自動ローディングシステム・アンローディングシステムは人間の介入の必要性を最小限にし、チョックつきのストリップワークロールの取り扱いに対応してい ます。チョックの回転/スイベル機能も自動ロード・アンロードシステムで同様に行われます。

自動化

自動化を拡張するその他のオプションは、主軸台に設置するカップリングロールの自動ロールネック検査検出を含みます。 付帯する、例えばオンラインの粗さ測定装置やロール表面検査システムRSIS付きの測定器のような物です。腐食防止の観点として、自動乾燥およびロールの 給油のための機器を提供しています。

性能データ

WaldrichSiegenロール研削盤は、最先端の技術を所有し、精度、性能、信頼性と長い機械寿命を保証します。個別の顧客の志向に対応し、マシンは高度な柔軟性を備えています:

  • 砥石出力:最大500kwまで
  • ワーク重量:300tonまで
  • ワークの長さ:21,000mmまで
  • ワーク径:2,500mmまで
  • 1µmの同心度
E-mail
その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

E-mail