オーバーホール

数十年後新品と変わらず

オーバーホールのメリット

WaldrichSiegenの工作機械の特徴は、長期間使用されることです。 納入後、数十年経過しても客先工場の中で製造の中心を担っております。 また、WaldrichSiegenの機械は剛性が高いため、今後の新しい加工にも対応可能です。

機械の効率及び精度を維持するためには、機械納入数十年後には機械のオーバーホールが必要となります(特に、電気部品の手配が困難になります)。 オーバーホールにより蘇った機械は、コスト節減できるソリューションです。

オーバーホールに関して、WaldrichSiegenは世界中にて多数の実績がございます。 日本国内のオーバーホールに於いては、パートナー会社と一体となり取り組んでおります。 その結果として、お客様の要求するWaldrichSiegenの品質、最短の機械停止期間、日本国内レベルの価格帯にて提供することが出来ます。

日本国内のオーバーホールの取り組み

我々WaldrichSiegenは、株式会社コウチヤマテックをオーバーホールのパートナー企業に認定し、日本国内のお客様へ対して、オーバーホールを実施致します。

  • 日本国内に見合った価格のご提供
    使用部品に関しては、極力日本製品を採用致します。基本的な作業は日本国内で実施し、ドイツで実施する作業を極力最小限に致します。
  • オーバーホール期間を短縮することにより、機械停止期間を短縮
    基本的な作業を日本国内で実施するため、機械停止期間の最短を目指します。また、WaldrichSiegenの保有している部品図面により、他社と比較し、十分な準備をすることが可能です。
  • メーカー保証
    オーバーホール・改造した部品の保証はもちろんのこと、機械の本質的な問題含めサポートすることが出来ます。

オーバーホールのプロセス・フロー

  1. 設計
    引合い入手後、WaldrichSiegenにて基本設計を行い、その後コウチヤマテックと協議の上、日本製部品の採用を検討します。
  2. オーバーホール作業
    現地作業をWaldrichSiegenのスタッフとコウチヤマテックのスタッフの協業にて実施します。
    WaldrichSiegenがプロジェクト全体を管理し、作業の全ての責任及び保証を致します。
  3. プロジェクトの調整
    オーバーホールの契約・調整に関しては、WaldrichSiegenと長年の取引実績があり、また今回の取り組みを当初より調整頂いている三菱商事テクノス株式会社にて対応させて頂きます。

パートナ会社情報

  • 株式会社コウチヤマテック
    〒880-0304 福岡県京都郡苅田町鳥越町10-13
    T: +81-93-435-0225

    従業員:

    • 42名(機械、電気、設計)
    • 工場内設備
    • 30/10トンクレーン 2基
    • 20トンクレーン 2基
    • 10トンクレーン 3基
    • 大型プラノミラー
    • 横中繰り盤
    • 旋盤
    • ターニングセンタ
    • ベッド研削盤
    • レーザー測定器
    • スピンドルテーパ研磨機
    • 塗装ブース、その他
       

  • 三菱商事テクノス株式会社 大阪支社産業機械部
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー
    T: +81-6-6348-6208

サンプル

コウチヤマテックとの協力のためオーバーホールのコスト及びプロジェクト期間を非常に下がります。ローター旋盤のサンプルで明確になります:NC制御、モーター、ドライブ、ベアリング及び夕圧システムを改造して機械を3ケ月以内に再使用します。 ドイツで行うオーバーホールに比べてコストも非常に下がります。

コウチヤマテックとの協力のため

参考で概算見積書及びプロジェクト期間を提出します。ご連絡をお待ちしております。

連絡先

T: +81-45-534-9067
F: +81-45-534-9068

infowaldrichsiegen.jp

その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール