連続5軸制御加工

ProfiMill

高トルクレンジにおいて5軸制御加工ができる門形ミーリング機械を選択すると、ほとんどの機械メーカーは弊社の製品に対抗できません。「この高トルクレンジにおけるアプリケーションを提供できる、他の製造業者はほとんどありません。しかし、自由曲面などの加工作業を行うには、この方法を使うことが唯一の達成方法です。」と機械設計技術部長のRalf Tschersche氏は述べました。しかしながら、 WaldrichSiegenにおいてはこのケースに該当しません。「昨年弊社は、切削点で出力80 kWを発揮する門型ミーリング機械を2台製造しました。さらに出力120 kW の機械さえ製造できます。」キーはC軸の連続回転です。

駆動方法をカスタマイズして解決

主たる革新的な手法をHerkulesGroupグループのRSGetriebeの協力で開発しました。そして顧客の仕様に合致するProfiMillシリーズのラム上に配置したC軸駆動ユニットを、開発部と製造部門の緊密な協力にて製造しました。「この種の装置を開発する上でのネックとなる項目は、コンパクトな筐体において、バックラッシュを無くし、応答性に優れ、熱変位を最少とする事であり、またその駆動部を現在のラム内部に納め同時に 7,500 Nmのトルクを有することです。」とRalf Tschersche氏が説明しました。今日まで一般的には、C軸のハースセレーション(鋸刃状の形状)はC軸のインデックスを実行するために使用していました。それに対して、連続C軸制御は360度以上の軸の回転を可能としました。長所: 以降ミーリングヘッドで5軸制御を実施するためにはB軸もしくはA軸を装備していれば良いことになりました。

各種市場向けアプリケーションのモジュールセット

WaldrichSiegenと RSGetriebe が開発・製造した2台のハイパフォーマンスProfiMill 5軸制御門型ミーリング機械(ガントリー型とテーブル型)は2015年から市場で多大な成功を収めています。この機械は航空機製造市場にて稼働しています。パワートレインの仕様は:主軸出力80 kWと最大トルク7,000 NmそしてC軸5,000 NmのC軸出力を備えています。「同仕様の引き合いが市場から得た際に即座に対応できるように、弊社はこの新駆動技術をモジュール化しました。」と Marco  Tannert社長は述べました。「結果として:個々の市場要求に対応すべくC軸駆動をアプリケーション毎にテーラーメイドしました。」2013年にProfiMill シリーズを小型サイズにも対応できるように拡張しました。コラム幅2 - 4 mでミーリング力50 / 60 kW の機械は中型加工物の5面加工用としてすこぶる経済的です。5軸加工で7,500 Nmのトルクを備えるこの機械を投入し、この拡張したシリーズで更なる高能力要求市場に入り込みます。

C軸のレンジ毎の性能

レベル1 レベル2 レベル3 レベル 4
トルク[Nm] 1,750 3,000 5,000 7,500
速度[min-1] 50 50 10 10
その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール