ミーリング

当面の稼働率、高精度の結果

1951年、WaldrichSiegenは、プランニングマシンや横型中ぐり盤の代替品として、門型ミーリングマシンをヨーロッパに紹介した最初 の重機械製造メーカーです。次の最先端の革新的な出来事は、10年後に起こりました。駆動軸の完全静圧設計でした。この進歩的技術的な進展により、 WaldrichSiegenの門型ミーリングマシンが、大型重切削作業でさえ無限の寿命を持った、ほとんど摩擦のない案内面での稼働が可能となりまし た。

マシン•テクノロジーをリード

2009年に門型ミーリングマシンのさらなる革命的な発展によって、WaldrichSiegenは、再びこの分野での主導的な役 割を担っていることを証明しました。主な機能は、最大120キロワットまでのMasterhead-コンセプトです。数十年の経験から得られた進歩が、顧 客のマシンの稼働率と生産性の大幅な向上をもたらしました。性能及び、精度と効率を組み合わせたトルクの点で優れており、他のマシンに対してすべての概念 で上回っていました。

その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール