イノベーション

常に一歩 先へ

175年間、WaldrichSiegenは技術の開発に取り組み、世界的な基準を設定しました。不断の技術革新は、WaldrichSiegenを業界のリーダーにしました。

1951年WaldrichSiegenは、市場に「ドイツ製」の門型ミーリングマシンを供給した最初の工作機械メーカーでした。 60年代にWaldrichSiegenはマシンに静水圧のガイドウェイを装備しました。重切削用に設計されているこれらのマシンは、摩擦なしで動かすこ とができ、機械的磨耗がないため無制限の寿命を達成します。

技術開発をリード

当社の門型ミーリングマシンのコンセプトに関する新規開発については、2008年にProfiMillは、ミーリングマシンの技術 に関して、さらなる画期的な出来事となりました。120 kWまでの電力性能アップのためのマスターヘッド・コンセプトはすべてのマシンに装備されています。このコンセプトは、機械の可用性と生産性を著しく高め ます。

WaldrichSiegenは、ロール研削機の分野においても同様にリーディングカンパニーです。

砥石からロールへまたはロール自体の計測システムへの接線アプローチのための静水圧の研削軸、特許を取得したB軸は、長年に渡ってWaldrichSiegenのロール研削盤を特徴づけるものです。

その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール