歴史

工作機械の製造において、175年の伝統

  • WaldrichSiegenは1840年にハインリッヒ・アドルフ・ワールドリッヒによって設立される。
  • 彼の息子、ハインリヒ·アドルフ・ワールドリッヒJr.は父親の死により、1879年に会社を引き継ぎ、製品の範囲を拡大。 1897年最初のロール旋盤が製造され、工場で生産される。
  • 1900年、ジーゲンに新工場が建設される。 1906年にオスカー・ワールドリッヒは父親の会社に入社。彼は製品の品質を改良し、大規模な圧延機をルール地方とザール地方に供給する。優れたサービス と組み合わされた、彼の技術的な経験は、後に世界的に際立ったドイツの工作機械製造の利点の理由づけとなりました。
  • 1914年から1918年の第一次世界大戦では軍需物資への生産切り替えを余儀なくされました。オスカー・ワールドリッヒは 終戦後すぐに経営を引き継ぎます。彼は生産を元のロール旋盤、中ぐり盤、かんな機やロールネックミーリングマシンに戻しました。 1920年に最終的にロール研削盤を導入することによって、製品の範囲を拡張しました。
  • 1936年までに、従業員の総数は1000人にまで増加しました。数年後にWaldrichSiegenはロールショップマシンの国際的なトップグループになりました。
  • WaldrichSiegenの三つの工場のすべては、第二次世界大戦中の空中攻撃によって破壊されました。戦後も、まだ機 能しているマシンは英国占領軍によって解体されイギリスに移送されました。 1949年の終わりまでの非ナチ化政策の後、オスカー・ワールドリッヒは会社を再編成しました。多大な努力によって、すべての部門が再構築され、工場のス ペースは拡張されました。
  • 1951年の終わり、小型のミーリングマシンが最後に生産されました。 50年代の終わりに、WaldrichSiegenは、広く米国で使用されている効率的なミーリングマシンの技術をドイツに導入することに決めました。こ れにより、機能の劣ったドイツのミーリングマシンおよびプレーナーを交換しなければなりませんでした。これは、イリノイ州ロックフォードにあった Ingersoll Milling Machine Co.との合弁事業になりました。 1961年に子会社設立のための契約が交わされ、WaldrichSiegen- Ingersoll GmbH がバーバッハに誕生しました。1971年には、名前を変更したIngersoll Maschinen und Werkzeuge GmbHは、親会社を引き継ぎ、WaldrichSiegen Werkzeugmaschinen GmbHに社名を変更します。
  • 効率的な製造、ジーゲンにある管理部門を含め、すべての生産設備の有効活用のために、1979年から1981年の間に、バーバッハに移転しました。
  • •特に米国企業についていくつかの小さな成功を収めた後、Ingersoll Groupドイツの収益性の高い生産領域は、資金の理由のために売却されました。その後、しばらくして、アメリカではIngersollが破産宣告を受け ます。アメリカの債権銀行からの圧力の下で、German Ingersoll Groupに属していたWaldrichSiegenとWaldrich Coburgは両方とも、売却されることになりました。
  • 2014年1月26日、ジーゲンにあるMaschinenFabrik HerkulesのCEO兼会長のクリストフ・トーマは、競売によってWaldrich社を落札しました。 Waldrich Coburgも競売にかけられました。 WaldrichSiegenは再編成の後、利益を生み出しました。
  • 長年にわたって蓄積していた投資損はすぐに統制のとれた合併によって克服されました。 WaldrichSiegenはHerkulesGroup内の独立した中規模の親族経営企業になります。
  • 常務取締役ディトマール・ヴァイスとクリストフ·トーマは将来を見越して、新しいProfiMillのような製品の開発に関 して重要な技術を刷新します。製品ポートフォリオを完成させるために、WaldrichSiegenはザクセン州の横型中ぐり盤メーカー UnionChemnitzの豊かな経験を引き継ぎます。ディトマール・ヴァイスはケムニッツでの社長のポストを引き受けました。
  • 今日、WaldrichSiegenは博士ステファン・ヴィッツとクリストフ·トーマの経営の下、 HerkulesGroup内の残りの企業とともに、大型工作機械の市場全体を反映しています。製品ポートフォリオを完成させるために、新製品、立旋盤 ProfiTurn Vが開発され、2013年に市場に公開されました。
その他にご質問はおありですか?

いつでもご連絡ください。

T: +81-45-534-9067

メール